芋家のうさぎ達と、ハクビシンの襲われ足を2本失くしてても懸命に生きようした子うさぎチャミの記録

2010年11月
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
-
PROFILE
芋すけ

庭でうさぎを多頭飼い。現在、子供も含めて8羽!

MYALBUM
CATEGORY
RECENT
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINK
SEARCH
PR




2007/08/10
とっても元気です

3月にチャミの癌が発見されて早5ヶ月。

結局、治療をすることなく自宅で元気に暮らしています。

腫瘍が無くなった訳ではないけれど、食欲もあり元気に走り回っています。

本当は腫瘍を取った方が良かったのかもしれません。

でも、チャミに手術を受けさせたくなかった。

手術を受けて生還したうさぎはいなかったから・・・。

先生の技術がどうこうとかではなくて、うさぎ達の生命力が足りなかっただけなんだと思う。

チャミはうちで・・・。元気に走り回っている姿は癌であることを忘れさせてくれる。

 

いつまでも元気でいてね。チャミ♡

2007/03/13
うさぎの癌

我が家にはチャミというウサギがいる。

今いるチャミ二代目。初代チャミは不幸にもハクビシンに襲われて手術で一時回復するかと思われたがお月様に帰ってしまった。

 

二代目は初代に色も顔もそっくりで名前をつける時に「チャミにしよう!」と決まった。

きれいな茶色で可愛い顔・・・家族はみんなチャミが好き♡

そんなチャミがあまり動かずにジーッとしていることが多くなった。

庭で8羽放し飼いの我が家ではエサの時間は殺伐とした空気が流れ、ウサギと言えども弱肉強食なのさ!!!と実感してしまう。

 ちょっと前まではエサの争奪戦?にも参加していたチャミ。

ここ数日は他のウサギが食べ終えてからエサを食べることが多い。

ケンカでもしたのかと思って観察していると、チャミの右前足の様子がおかしい。

全く機能していない様子。急いで動物病院へ連れて行く。

触診で腫瘍が発見された。私が触っても分かる位大きな腫瘍。

急いでレントゲンを撮る。

結果は・・・腫瘍が肩の辺りから肘?のあたりまで広範囲に広がっている。

骨を包み込んで大きくなってるとのこと。

ケンカして怪我(骨折)してたんじゃなかったんだ・・・。

組織検査をしてもらうと脂肪腫ではなく腫瘍とのこと。

しかも、悪性の腫瘍。つまり『』。

もともと遺伝子として持っていたらしい。

 

癌って・・・チャミは右前足は不自由だけど食欲だってあるし、排泄だって問題ない。そりゃ、ちょっと大人しくなったけど・・・。

先生は「見た目ほど状態は良くないんですよ。」とハッキリ言った。

 

 

治療の選択肢は三つ

ー蟒僂鬚靴銅鞜腓鮴攴する。

  但し、腫瘍を全て切除することはできない。

  転移の可能性と再発の可能性がある。

  肩から足を切断するので3本足になる。

  うさぎとっては大手術なので手術中に死んでしまう可能性がある。

 

抗がん剤で治療する

  癌細胞が増える為には4つのステップがあり、抗がん剤は2つのステップ

  の進行を遅らせる。

  もちろん4ステップ全てに効く抗がん剤もあるが注射1本4万円。

 

2燭發靴覆

  文字通り手術や抗がん剤治療を行わないこと。

  腫瘍が大きくなってしまう可能性がかなり高い。

 

先生は「家族で相談して決めて下さい。」としか言わなかった。

チャミの飼い主は私なんだから当然と言えば当然なんだよね。

私はどうしたいのか即答できなかった。

手術で右前足を切断してしまったら初代チャミのように死んでしまうかもしれない。

でも、このまま放っておいてもいずれ死んでしまう・・・。

チャミの為には何が一番いいんだろう。正直、分からない。

晩ご飯の後、子供達にチャミの病気のことを説明した。

二人ともショックを受けていたけど「どうしたい?」と聞いたらあゆは「絶対、手術はしない!チャミがかわいそうだ!」と答えた。

多分、初代チャミの手術を思い出したんだと思う。

拓は「お父さんとお母さんに任せる・・・」と力なく答えた。

チャミのことが大好きだから仕方がないけどさ。

子供達が寝た後にダンナが帰宅。

チャミのことを話すと「安楽死でしょ。」と当然のごとく言ってきた。

でたよ〜、安楽死推進派(*´Д`)=зハァ-

ダンナは、ツライ思いをしてまで生かすのならば安楽死で痛みや苦しみから解放してやろう。と言うのが持論。

私は、とにかく命尽きるまで自分達と暮らす。が持論。

つまり交わることがないのですよ。

子供に話すのもダンナは反対。余計なことは話さなくていいと言うけれど・・・。

私は生きているものが直面することなのだから変に隠し立てしたくない。

隠すことがいいことだと思えない。

病気のチャミを支えることだって動物を飼うことのひとつでしょ?

知らないうちに安楽死させて病気で死んじゃったみたい・・・。ってお茶を濁すなんてできない。

生きているものには寿命がある。うさぎも私もいずれ死ぬ。遅いか早いかの違い。

本当のところ、安楽死はいつでもできる。

「お願いします。」と言えばチャミの状態ならやってくれるかもしれない、でもそれって逃げてない?

チャミの為とか言って逃げてない?

そんな風に考える私ってエゴイストなのかな。偽善者なのかな。

 

チャミを安楽死させることなんてできない

 

それだけはハッキリと言える。

1週間後には答えを出さなくてはいけない。

どうすればいんだろう・・・。

チャミって名前にしたのがいけなかったのかな。