いらっしゃいませ!(禁/無断転載・複写)

Jun 30, 2007
病院に行ったけれど……

相変わらずみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日作業することがあり、明日も一日時間がつぶれる。

なので途中抜け出して、病院に行ってきました。

 

そして、診断の結果は……。

 

体重1.75圈‐々アップ。ただし、ペレットを食べたあとなので、ペレットの重量を含んでいるのかもしれない。

様子に変化が少ないことを報告。少し尿漏れは改善したような気がするといったのだが……。

病院に連れて行くときに気付いた。

ものの見事に元通りである。

獣医さんも、見て唖然。

匂いをかぎ、しばし黙考……。

 

薬を替えてみることになった。

そして来週、再びの尿検査。

どうやら、すぐには治らない様子です。

 

今回の処方薬

タリビット錠 15mg

クロロマイセンバルミテート 14ml

双方とも抗菌剤です。

あとは、名前が不明だが、尿結石(今のところ粉末)の排出を促す薬。

特にクロロマイセンは、長期服用では副作用が出る強い薬。

 

 

 

頻繁に洗うと余計悪影響が出る恐れを考え、毎晩乾かす前に、固く絞ったタオルで拭く程度にしていたけど、本日思い切って、おしりを洗いました。

本当に、皮膚のただれこそ無いモノの、毛が全くない太腿の内側。

泣けてきそうです。

 

 

 

 

ペットリンクス

 

 

  [続きを読む]
Jun 29, 2007
少しづつ……

元気になってきたよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

悪いこともあればいいこともあるという感じで、どん底に近い状態も、少しづつ上向きになってきたようです。

要は心の持ちようと、頭では解っていますが、中々うまく行かない。

そんな中でも、何とか、らっきぃだと思えることを見つけては、自分を励ましつつあります。

 

やはり、全ての要は私と茶々丸のようです。

どうも好不調がリンクしている気がしないでもありません。

でも、皆さんの暖かく優しい気持ちが、きっと茶々丸に届いているのでしょう。

お漏らしも随分減り、ぼさぼさだった毛並みも、すこしづつですが、良くなってきているようです。

付きっきりで看病が出来ない状態の私にしてみれば、よく頑張っているね。と、毎日褒めています。

最近の暑さと湿度が気の毒だろうと言うことで、ウサギたちのいる部屋は24時間エアコン(除湿)点けっぱなし。

お陰で茶々丸以外は、不調ではありません。

まあ、茶々丸自身は相変わらず、ぼへら〜しておりますが>苦笑

 

何せ、ペットが病気だから……なんて理由では、遅刻早退すら許されない今の職場。(おねーちゃんが不調でも、休むことは許されなかった)

出来る限り、早く別の仕事を見つけるつもりです。

ただ働きも、一個はもうじき終わります。あさって過ぎれば、何とか山は越えるかな。

頑張ります。早く落ち着きたいものです。

 

今の私の現状を近くで見ている人(おねーちゃんと同級生の子がいるお母さん)が、昨日、私を見て、少し話をして、もらい泣きをしてしまったほど。

それほど悲惨な状態らしい。ははは〜。

おかしいな〜体重は余り減っていないと思うのだけどね>爆

 

私は幸せ者ですね。

気に掛けていてくれる人がいる。密かに頑張れと言ってくれるヒトがいる。

それは、とてもラッキーで幸せなこと。

このブログを読んでくれる人も、きっとやきもきしながら見ているのでしょう。

ありがとうございます。

もう少ししたら、獣医から嬉しい診断を貰えると思います。

勿論、それがでたら、いの一番にご報告させていただきます。

 

大丈夫。まだまだ私も茶々丸も大丈夫。

無論、他のみんなも大丈夫です。

一日でも早く、穏やかな日々に戻りたいです。

 

 

 

ペットリンクス

 

Jun 28, 2007
嬉しかったこと、辛いこと

枇杷の葉を貰ったよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日、二件隣の家の方から、枇杷の葉を貰いました。

5,6mにもなる枇杷の大木を3本持っているお方で、以前、うさぎのために葉っぱを少し分けて貰えないかと言ったら、以来定期的に戴くようになりました。

たまたま通りかかった私を呼び止め、その場で数本枝を切って、渡してくれました。

「うさぎ、元気になった?」

と、言いつつ……。

ありがたいことです。

洗って一日干して、今、みんなが食べています。

少し甘い枇杷の香りがして……私も気分が少しだけ軽くなりました。

茶々丸の様子も回復傾向。今週末にでも、また病院に行きます。

 

 

まあ、辛いことは、続きを読むに書きます。

ウサギネタではないですし、ちょっと、ブルーな気分なので。

 

 

ペットリンクス

 

  [続きを読む]
Jun 27, 2007
ああ……くれは。。

ど〜〜〜ん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ど〜〜ん。

 

 

この状態を見たおねーちゃんのひと言。

 

「こういうときのくれはってさ〜、どことなく、おかーさんと似ているよねえ」

 

「……」

 

そうですか……。詰まるところ、寝転がっている私は、このような迫力があるということなのね。

ははは〜。ふぅ。

 

 

 

 

ペットリンクス

 

 

 

 

私にとって息抜きの一つであるこのブログ。

実はここの所、ブログ更新が遅いわけは……を、こそっと書きます。

 

 

 

 

  [続きを読む]
Jun 26, 2007
んんん〜〜

ん〜〜〜〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

痩せたはずのくぅ兄。しかし、オカマのマフマフは健在のようであります。

目つきが鋭いのも相変わらず。

最近このような目つきで、私を見ます。

詰まるところ、

 

茶々丸を虐める悪い奴!

 

になっているのかも……。

錠剤の薬なので、最近は手に載せて差し出せば、食べてくれるときもあります。

しかし、余り空腹ではなかったりすると食べてくれません。

そうすると、仰向け抱っこでの強制になります。

どうやら、それをすると、くぅ兄の攻撃が始まるんですねえ。

 

ん〜あんたに飲ませているのではないのだけどなあ〜。

 

ぼやきモードで、サークルに向かう私。

茶々丸の状態は一進一退。でも、少しづつ、濡れた毛の量が少なくなっています。とりあえずは、状態を脱出しつつあるようで。

 

こそこそと、夜中まで、ペレットの成分表検索をかけたりしていますが、色んな所でぶち当たる、色んな壁。

言葉の意味がわからない程度は、再検索でなんとかなりますが。

あんぐりと口を開いてしまったのが、某社のペレット。

某ショップで非常にお勧めと書かれていたが、余り知らないメーカーだったので、メーカー再検索したら、なんと、実験動物専門のフードメーカーだった。

あらまあ、でしたね。

普通に考えてみれば、そう言うメーカーもあるのでしょうねえ。

 

その他にも……とある大手某ショップで大々的に宣伝している、自社(共同?)開発ペレット。成分表わかんない……。材料も不明。どこにも書いていないよ。。。には、苦笑しておりました。

どんなに食いつきが良くても、どんなに売れている(と、書かれている)商品でも、成分表や原材料表示すら載せていないのでは、私は手を出す気になりません。

そもそも、ショップの大好評発売中の文字には、信用度はどれくらい?とは思いますから。

そもそも、ウチのウサギたちが食べなければ意味がない。

まあ、大抵は食べてくれますけれどね。

 

そもそも、うさぎのおやつに最適と言って、クルミなどのナッツ類、ひまわりの種などを販売しているメーカーだってある。

そう言うメーカーのHPには、うさぎの飼い方を乗せていたり。。。

無論大半は良心的に、全く正しいことを書いて載せている所もあるのだが、、中には、これ……。。という内容もあったりする。

 

どこの……とは書きませんけど、うさぎの症例集とかがあって、その対策の中に、「##社の**が最適!(当店取扱品)」とかの文章を見つけると、その時点で、それが正しかろうが何だろうが、横を向いてしまう。

相当自分自身、へそ曲がりだなあとは思うけど。

 

話がそれた。とまあ、そんなこんなで、約50種類以上のペレットの成分表を見たのだが、どれも似たり寄ったり。微妙なパーセンテージでの違いで判別するしかないのかなあ。

しかし、私は少し思うのだが、メーカー自身が余り成分表を自社HPに載せないのはどうなのでしょうねえ。

材料比率を載せろとは言わないが、せめて使用材料一覧と、成分表は欲しいなあ。

まあ、ペレットの大半がとうもろこしや、小麦のぬかだというのは、良くわかりましたけど。

 

 

 

ペットリンクス

 

Jun 25, 2007
ああ、勘違い>爆

昼寝中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近の烏龍の寝姿です。

暑いせいなのか、はたまた、飼い主のカメラに馴れたのか。

烏龍の昼寝姿は、日に日に凄いものになっております。

これなんか、まだ上品な方で、ひどいと、仰向けで、大事などころが丸見え状態……あはは〜。

流石にカメラに納めることが出来ないほどなんですよねえ。

で、本日。

某事情があり、未だ陰でただ働き(好きでやっているのではないのよ〜)に勤しんでいる私。

表の仕事が終わり、そのあとおねーちゃん連れて、タダ働きタイム。

帰宅したのが、20:00過ぎた辺り……。

部屋に入ってみると、烏龍のこの姿。

 

最初見たとき、

 

「げげげ!烏龍にも異常が!!!」

 

でした。で、慌てて近寄ってみると……

 

寝てる……爆睡状態…………ほっ。。

 

カメラを持ち出し、ごそごそと写真を撮っていたら、目を覚ましました。

 

ん〜右足……動かさないかな?

 

とまあ、不埒なことを考えたりして。。

済みません。私、ノーミソ壊れているかもしれません。

 

これから、一息ついたら、茶々丸の投薬&お尻拭きを始めようかと思います。

昨日辺りから、茶々丸を捕まえようとすると、くぅ兄が私に攻撃するんですよねえ〜。。

 

父性愛に目覚めたのか? くぅ兄?!

 

でも、頼むから噛みつきは止めて〜@滝涙

 

私は茶々丸を虐めていないんだぁ〜〜!!!

 

 

ああ、ここにも勘違いがいるぅ〜〜しくしく

 

 

 

 

 

ペットリンクス

 

 

 

 

Jun 24, 2007
くぅ兄の看病

くぅ兄の看病

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

くぅ兄さん〜〜

 

ん、どうした? (珍しいなあ……)

 

ぴっとり〜

 

 

 

 

 

くぅ兄の看病1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お前、毛がぼさぼさだなあ。

 

だって、病気だもん。

 

元気出せよ。毛繕いしてやるから。ぺろぺろ……

 

ん〜気持ちいい〜

 

 

 

 

 

 

くぅ兄の看病2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここもしてやろう。ぺろぺろぺろ……

 

んふ〜〜……Zzz

 

お前、換毛がひどいなあ。

 

 

 

 

 

くぅ兄の看病3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ほれ、寒いなら、俺の下に潜り込めよ。

 

……(重いけど〜あったかいなあ……)

 

ゆっくり寝ろよな。添い寝は幾らでもしてやるぞ。

 

 

 

 

飼い主のふがいなさに、とうとうくぅ兄が立ち上がったのか、こんな珍しい光景を見ました。

あはは〜……ふぅ。

本日は一日雨。気温こそは低いものの、その分湿度が高かった。

なので、一日除湿をかけっぱなし。

茶々丸の様子も安定しているため、午後から出かける予定だったのが、一本の電話でそれも中止。(それは、あとで書きますが……ごにょごにょ)

のんびりしていたのかどうなのか解らない一日でした。

 

 

 

 

ペットリンクス

 

 

 

 

  [続きを読む]
Jun 23, 2007
頑張るから

がんばるから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この一週間。下痢こそ無かったが、余りにも下半身の汚れがひどく、もう、後ろ足の内側の毛がほとんど無い状態の茶々丸。

1週間、状態を観察し、真菌の薬を飲み終わったら、その辺の治療をしてゆきましょうと言われていました。

毎日毎日、朝と晩、茶々丸をひっくり返し、尿で濡れた毛を乾かす毎日。

家にいる間は、いつどのようにして、茶々丸が尿をするのかを観察。

どうも、トイレに行く前に漏らしてしまうようだ。で、それも、普通兎がやるように、少しおしりを浮かせてやるのではなく、姿勢は変わらず、そのまま垂れ流し状態。勢いもないから、足を伝わっている。子供のお漏らしに近い形。

すぐに見つけて、尿を拭き取り、なるべく毛を濡らさないようにする。

私にはそれしかできませんでした。

 

そして今日。朝一番での病院へ。

今までの尿をしている状態。そして尿自体の状態を、獣医に説明しました。

膀胱炎の疑いが濃厚。

そして体重は、1.67圈3亮造妨困辰討い襦

その結果、一度尿検査をすることに。

いったん家に帰り、午後の診察時間までにキャリーに入れ、尿を採取。

それを袋に持参し、再度尿検査。

 

やはり獣医の疑い通りの、膀胱炎そして軽度だが尿毒症の疑いもあり。

尿のPH価が高く(アルカリ性)、硝酸濃度も高い。尿が砂混じりの為、おそらくそれで膀胱を傷つけ、炎症を起こし、中毒の初期症状が出ているのだろうと。

放置すれば、これ以外の何らかの疾病を引き起こし、確実に最悪の事態を迎えることになる。

こんな話を聞かされては、脱力感が抜けません。

今まで自分がしてきたこと、その全てが駄目だったのでしょうか。

またイチから見直しです。

 

「これは個体差によるものが大きく、実際他のウサギたちに、全く影響が出ていないのに、茶々丸君だけというのは、やはり茶々丸君自身の体質です」

何の慰めにもならない。だったら、私自身が、もう少し注意をするべきだったのだろう。

 

茶々丸、茶々丸。あんた、普段はぼへら〜だけど、頑張るときは頑張るうさぎだったよね。

何のかんのと言いつつ、不正咬合は異常が無くなってきたモノね。

数珠●ばっかりでも、一度もうっ滞は起こしたものがないものね。

耳の腫瘍も小さくなったんだものね。

薬も嫌がらずに飲んでいたものね。

もう少し頑張れるよね? 大丈夫だよね。

私も頑張るから、あんたも大好きなおねーちゃんを泣かせないように、頑張りなさいね。

 

 

 

ペットリンクス

 

 

 

<続きを読む>は病院会計

  [続きを読む]
スマートになりました

痩せたねえ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてみると、しみじみ思います。

くぅ兄、痩せたねえ。

一時期は病気も疑いましたが、約月1回の健康診断は、異常なし。

と、すると、以前の方が太りすぎていた。。という結果なのでしょうか。

 

大きな病気や訳解らない病気を良くする茶々丸に比べ、病気ネタにはほとんど登場しないくぅ兄ですが、密かなることはちょこちょこと。

なので、茶々丸の病院通いに、付き添うような形で、くぅ兄も病院へ。

二匹一緒にさせても問題が無くなってからは特にそうですね。

 

ただ、見かけの性格と違い、非常にビビリモードの強いくぅ兄。

見知らぬ場所に連れて行かれると、それだけで、真っ白目になってしまいます。やっと病院ではそれも少なくなりましたが、でも、獣医さんや助手さんが女性ではないと……。爆裂モードです。

この差別態度を何とかしたいですがねえ。。

さすがに、「この兎は、女性の方の保定だと、おとなしいんです」とは、言えません。>爆

サブの方では女性の助手さんが少ないので。。。

違う意味で、悩みのつきぬ兎です。あはは〜。

 

 

 

さてさて、夕べもアクセス障害で、このブログは書き込みできませんでした。

困ったものですね。

このネタで、私は4回ほどブログを変わっているので、ちょっと、移動が面倒になっております。出来るならば、ペログーさんにはがんばって欲しいものですが。

そう言えば、ここのうさぎのカテゴリーには、500以上の登録がされておりますが、書き込みをされるのは、ごく僅かの方ですよね。

最初の4,5回ぐらい書き込みされて放置。なのかな?

理由は様々でしょうけど、少々勿体ないなあと思いますね。

 

 

ペットリンクス

 

Jun 21, 2007
和みつつ……

首痛くない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、撫でて頂戴!

 

 

 

茶々丸の様子に気を取られがちの日々ですが、一応、他のウサギたちも面倒はちゃんと見ていますよ。

でないと、介護する兎が増えちゃいますからね。

 

で、本日はくれは。

最近のくれははこうやって首を差し出します。

ナデナデをしつつ、うっとり〜となったところで、目やにを取ったりします。

実はくれはは、気持ちが良いのか、目やにを取ることを嫌がりません。

ひどいときは、それで目が開かなくなったりしますからね。

乾いた目やにだと手で簡単に取れますが、ねちゃっとした、目やにだと、指では取りにくい。毛にくっついて余計に広がったりしますから。

そう言うときに使うのが綿棒。

濡れた綿棒で触るから、それが気持ちいいのかな?

くれはは、じっと取って貰うのを待っています。

 

特に仕事を始めて約一ヶ月が経ちます。

平日日中は無人状態です。

来月からは、週休二日制にもなりません。週休1日です。

ますます、私の時間が減ってゆきます。

茶々丸の不調のせいもあるのですが、うさぎたちを見ていると、心和むと言うより、常に異常がないかどうかを、チェックしている自分に気付きました。

そんな自分に少々うんざりもしています。

 

だから、今日、くれはの目やにを取り、その後しばらくナデナデしていたら、やっと、ほっと心が穏やかになっている自分に気付きました。

一番余裕がないのが自分だったんですね。

 

来月にでも、少し金銭的余裕が出来たら、くれはに新しいケージをプレゼントしてあげようかと思います。

何せコロコロが巨大になって、木のすのこの隙間から落ちないのです。

トイレを嫌がるので、下がトレーのタイプにしようかと思っています。

職場はノーメイク・ジーンズでもいいので、仕事着や化粧品購入はしばらくお預け。

その分、おねーちゃんやウサギたちに回せそうです。

 

 

ペットリンクス

 

Jun 20, 2007
意外と暑さに強い?

トイレ中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレの上から失礼します〜。

 

 

 

 

意外や意外、烏龍は暑さに強いようです。

一番へばるのではないのか。と、密かに気を揉んでおりましたが。

24時間エアコン作動は、正直言って、気が重い。

家にある家庭用クーラーは、余り上質なものではないので、密かにカビなどを疑っているのです。

無論、内部清掃はちゃんとやっておりますけどね。

 

実は、一番暑さが苦手なのは、どうやら、くれはのようです。

完全冷暖房の中で、飼われていましたからねえ。

でも、熱中症になるとか、そう言うわけではなく、ただ、でろ〜としている状態。

くれはの環境をもう少し考えてみましょうかねえ。

しかし、このお嬢さん、石もいや、アルミも嫌と来た日には……。

やはり、24時間エアコン活動でしょうか?しくしく。

 

昨日はアクセスがしにくい状況だったようです。

わざわざみようと思ったのに……。

という方ごめんなさい。

まあ、管理サイドもがんばっているようですので、大目に見てあげてくださいね。

 

 

 

 

 

ペットリンクス

 

 

Jun 19, 2007
元気だけれど投薬中

寝ながら対談

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おい、お前の飲んでいる錠剤うまいか?

 

ん〜ボクはシロップの方が好き〜。

 

 

ちょっと甘くしてあるものなあ。

 

錠剤、口からこぼれるモノ〜

 

ありゃ飲ませる方がヘタなんだよ。

 

 

 

 

 

ウサギたちのぼやきがリアルで聞けそうですが……。

投薬三日目。茶々丸以外は全員終了です。

これでひとまずは収まって欲しいものですが……。

しかし、体調は皆元気。茶々丸でさえ、気付かぬほどです。

ある程度は押さえられてきたのかなあ。

よっぽど増えてしまっていたのね。

 

真菌と聞くと、異常事態!!と、思いがちですが、大抵のうさぎは持っているものだと聞きました。これは普通でしたら、ごくごく少量で何の問題もないのですが、何らかの要因で増殖してしまうと……。茶々丸のように下痢や他の色んな症状を引き起こします。

如何に押さえていられるかがネックなんですね。

完全な撲滅をしても、いつどこで貰うのかも解らないと聞きました。

例えば、うさんぽなどの外出。人との接触(服とか皮膚を舐めたときに……)によるもの。動物病院で貰う例もあるようで。

基礎体力があり、ストレスも少なく、良い環境だと増えることはマレだそうですので、私はちょっと自己反省しております。

やはり、うさぎが増えたことで、目が行かなかった点が増えたのかなあと。

そんな私の気持ちにも気付かず、みんな勝手気ままにしているようなんですけどねえ。

 

 

 

ペットリンクス

 

 

Jun 18, 2007
水ごくごく

水ごくごく

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水が美味しいよ〜

 

こら、いい加減交代しろよ。

 

 

 

 

この二匹……水の飲む量が多くなっている。

うつっているペットボトルは900mlこれを朝晩取り替えてはいるのだが、確実に半分以上はない。

当然、シーシーの量も増大。

夜中いきなり聞こえてくるシーシーの音は、まさに水洗トイレ並みに聞こえたりする。

トイレによっては、一晩で限界までシーシーを吸ったシーツ……。

話を聞いた獣医さんは、♂だから……と、やや困惑気味だった。

私は密かにあることを疑っている。

そう……糖尿病である。

糖尿病の症状に、多飲多尿がある。

なので、またしても、シーシー&血液検査を申し込むべきか迷っている。

 

……迷っているには訳がある。糖尿病になる原因が不明と言うことだ。

…………あった。一つだけあった。

ラビットヘアボールリリーフである。しかし、あれは今現在週に1回程度。

ん〜いっそのこと無しにしようかな。

お盆前後には遠出の予定もあるから、それまでには、皆万全の体調にしたい。

 

ちょこっとがんばろう。

 

 

 

ペットリンクス

 

 

 

Jun 17, 2007
全員で病院へ

余り変わらない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしてみると、体形が余り変わらなくなったような……。

昔の写真を引っ張り出してみよう。

 

 

 

ん〜これは、昨年5月の中旬ですね。このころのくぅ兄の体重2.6堋兇┐討い泙靴燭諭

 

こうしてみると痩せたよなあ、やっぱり。

 

 

 

 

 

さて、病院レポです。

今回は、茶々丸の下痢で駆け込んだサブの方へ。

いざ4匹同時出発という時に限って問題発生。

誰と誰をどのキャリーへ……。

必ず外さなければいけないのは、烏龍。

なので残り3匹を布製キャリーへ。

で、烏龍をどうするか……。

金網キャリーだと、私がもてないんです。重量的に、トータル10堋兇┐襪里如自転車にも乗らない。

なので、キャンパス生地のショルダーを利用。底板は樹脂製のものに、内側が布が貼り付けてある。シーシーを漏らしても外に漏れない。それにサイドファスナーがついているから、出し入れはしやすいだろうと。

で、まあ、到着しました動物病院。

私の前には二人ほど。その中の一人の方が猫ちゃんを連れていました。

押し合いへし合いしながら、バックの窓から外を見ているウサギたちを、可愛いと褒めてくださりました。

 

さて呼ばれて診察室に入りました。本日は副院長ではありませんでしたが、先だっての茶々丸の診察時に参加していた先生。

まずは茶々丸から。

体重1.7圈。0.5塒遒舛泙靴拭

「まだまだ標準体重と思われますが、少しやせ気味ですね」

ううっ。。とうとう言われました。

保定担当は、男性でした。なので、茶々丸は、ひっくり返すときだけ、足、びくびく・・・。

真っ茶色の毛を見ても何も言いませんでしたが、部分的に濡れているのに注目。なるべく乾かしてくださいと言われた。

外観上の状態を見ていましたが、多飲多尿については、♂なので、何とも言えない(♀だと、子宮系の恐れ有り)と……。糖尿病のこともあるので、要観察。ただ、失禁状態になると即刻診断と言うことだそうです。

コロコロ検査は、真菌はしっかりあるそうで……。

またしても、投薬再開です。

 

次にくぅ兄。

暴れん坊になりました。思いっきり。。

男女差別は行けませんよ。くぅ兄さん。

それでも獣医(♂)ではなく助手ばかり蹴ったのは、一応の配慮か?

体重2.0圈,箸Δ箸Α∧匹鬚屬素砲蠅修Δ任后

かなりの減少に獣医さんもびっくり。タダ、牧草を食べる量が増えた分だけ、ペレットを残しているという話に、それならば、良いでしょうと言われた。

茶々丸に比べ、まだまだぽっちゃりだそうで……汗

仰向けの激しい抵抗に、とうとう私が抱っこ。その状態で、コロコロの直接採取(○門の中に棒をツッコミとる方法)

やはり、真菌は見つかりました。平常時より、多少多め程度だそうで。

なので、予防的投薬命令。

そして、ついでに奥歯も診て貰うが、異常なし。

牧草が功を奏しているようです。

 

次が烏龍。

開帳肢&小柄に、助手さんビビリモード。まあ、無理はありません。

体重は0.9圈(儔縮気掘

開帳肢の問題も変化が無く、その他は至って元気。

コロコロの検査も、真菌は多少の増加を認めたが、異常値ほどではないとの答え。

なので、予防的投薬処置。

去勢手術の話をしたが、その辺はすんなりOKがでた。

開帳肢は去勢手術に影響はないそうで。

ただ、麻酔の危険性は言われましたが。

「遺伝的疾患を持つものに、繁殖行為をさせる気がない」

「♀が新しく来たので、繁殖させる気もないのに、発情をさせるのもストレスになるだろう」

この話をしたら、「そう言う考えで良いでしょう」と賛同を得た。

年齢的に1才にもなっていないため、その辺の危険性は少ないとの答え。

まあ、秋口にでもやる予定で検討中。

 

最後にくれは。

くれはは、ここの病院でのカルテはなかった。だから、一応の健康診断。

体重は1.45圈(儔縮気掘

コロコロ検査も、真菌は多少多めだが平常値。

なので、予防的投薬処置。

獣医が気にしたのが、目の白濁。

明らかな状態なのだが、気にしてひっかくなどの行為をしていないのならば、失明していない以上、問題はないとの答え。

ただ、この白濁部分が広がるようだったら、何らかの処置を講ずるとの答えだった。

状況が悪化すれば、最悪眼球摘出もあり得ると。

それはもう、くれはを引き取ったときに覚悟をしていたので、別段ショックでも何でもなかった。

ついでに、予防的処置での避妊手術について話を聞く。

その点に関しては、院長の意見を聞かないと即答できないとの答え。

この答えに、ちょっと獣医の信頼度がアップ。

ただ、くれはは4才。これからのことを考えると、年齢的な問題もある。

出産経験がないから、子宮系の病気の確率は高し、異常に気付いた時点で取り返しのつかない場合もあるだろう。

私の注意力によって、すぐに対応は出来ると言われた。実はこの病院には、エコー、CTの装備がある。

病気発覚時の緊急手術では、過去の施術例があるが、少なくてもこの4年間に、予防的処置でのうさぎの避妊手術はなかったと言われた。

なので、上の方針を聞いてからでないと答えられないと。

今までの飼い主さん達からもそう言う話を聞かなかったようだ。

まあ、もっとも、獣医さんはこの先生だけではないので、他の先生、例えば副院長がそう言う相談を受けたかもしれないとは言われた。

その件は、次回に回答を頂けると言うことで、とりあえずは終了。

 

途中、くれはがキャリーから脱走し、診察室の中を走り回ることもあったが、床が滑りやすいものの為、捕まえやすかった。

走り方が余りにもおもしろかった。本兎は必死だったけど。。

 

さて、<続きを読む>は、病院会計と専門ネタ。

気が向かれたら、どうぞ。

 

 

ペットリンクス

 

 

 

 

  [続きを読む]
Jun 16, 2007
急激な暑さとエコ姿勢

悩んでいる?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この角度からは解らないが、今の茶々丸のお腹は大変真っ茶色状態。

先だっての下痢騒動があって、その後も、どういう訳だかトイレからはみ出してやるくぅ兄のシーシーの上にべったりと座り込む。

お陰で、茶々丸自慢の真っ白いお腹は、真っ茶色に染まっている。

本日意を決して半身浴としたのだが……。

落ちないものなんですねえ。ああいう汚れって。

洗剤なんて怖くて出来ないから、ぬるま湯でばしゃばしゃするだけだったのだけど。お湯がしっかりと黄色くなったものなあ。

その時に触って少しびっくりした。

幾分痩せているように感じるのだ。

コロコロも普通だ。シーシーも異常な状態ではない。

ご飯もちゃんと食べる。

むしろ、くぅ兄の方が食欲が減っている感じなのに。

この急激な暑さのせいだろうか。

 

くぅ兄もくれはも少し痩せた感じがする。

烏龍は……。変わらないかな。

すこし心配なので、明日の朝一番でみんなの健康診断に行ってきます。

初の4匹同時出動。

確かにそれは一度も経験がない。

でも、非常時に備え、やっておくべきだろうな。

くぅ兄、茶々丸、くれはは同じキャリーに。烏龍だけは別に単独で。

気になるのは、この暑さ。それに3匹固まってとなると物凄い暑さになると思う。

なので、先程、おねーちゃんが赤ちゃんの時に、汗も対策に買っておいた氷枕(冷凍庫で冷やしても固まらないタイプで、しかも8時間持続性がある)を、冷凍室に入れておいた。

 

私は結構、乳幼児用品をウサギたちに代用している。

なぜならば、どんなものも赤ん坊をが口にくわえることを前提とされているため、衛生面とかを考慮されている。それに、余計な凹凸があるものが少なく、管理維持もしやすいものばかり。

ヘタなペット用品よりも高性能で遙かに安いため、私はもっぱらペット用品よりも赤ちゃんグッズコーナーにいたりします。

一番活用されているのが、烏龍ですね。赤ちゃんのおねしょシーツ、アレは優れものです。吸水性が良く、速乾性があり、なおかつ通気性もある。今度リサイクルショップにでも行って、もう2,3枚買おうかなと思っています。

うまく行くと新品が2、300円程度で買えますから。

少し、ペットシーツの消費量を抑えようかと思って。

今現在、ケージの下、トイレにも使用しているから、お徳用の200枚入りを買っているのです。

余計な手間が増えるだけなんですけど、こう言うところからもエコを始めようかなあと。

 

エコといえば、最近トイレを洗ったあとの水の拭き取りを、ティッシュやキッチンペーパーから古いおねーちゃんの服やTシャツ、タオルにしています。

使用後はちゃんと専用のバケツで洗って、また干して使います。おねーちゃんの服って、綿のものが多く、手頃な大きさ。

繰り返し洗濯して色あせたり破れたり、サイズが小さくなって、もう捨てるだけのものを使います。

何か貧乏くさいなあと、おねーちゃんに言われてしまいましたけど。

 

再生紙は、実はエコではないと知って、では、紙の消費量そのものを減らせばいいのだと思いまして。

仕事が忙しくへばっているのは自覚していますから、どこまで続くかなあとは思っていますけど>爆

 

 

ペットリンクス

 

Jun 15, 2007
うさぎは狭いところが好き

ぎゅむ〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと〜幾ら好きだからって、何するのよ〜!

 

いいじゃないの〜くれは姉さん。んしょんしょ。。

 

 

 

 

ぼへら〜さんの不可解な行動。

何でしょうねえ。狭いところ狭いところに無理矢理身体を押し込めようとする。

くれはが思いっきり迷惑そうです。

 

最近のくれはは、障害物を飛び越すのがマイブームらしく、寝転がっている私や、おねーちゃんをぴょんぴょん跳び越えてゆきます。

まるで、滑り台にはまった小さな子供のように何度でも何度でも。

楽しいんだろうと、放置しておりますが……。

そこに他のうさぎがいると追いかけっこが……始まらないんですね。

不思議なものです。

距離を置こうとするんです。

でも、お気に入りの場所に来ると追い払うような仕草をするので、茶々丸はサークルの中に戻りたがります。

くぅ兄は、くれはを追っかけます。ある程度追っかけるときが済むのか、そのまま知らん顔。

烏龍は、互いに全くの無視状態ですね。

烏龍だけは現役ですから、あまりの状態になるようだったら去勢も考えておりましたが、どうやらその心配はない様子。

しかし、万が一のことも考え、秋口にでも手術をするかどうかを獣医と話をします。

麻酔を掛けますから、ついでに足の方も色々見たいと、獣医さんも言っておりましたから。

 

……麻酔といえば、くぅ兄が奥歯の不正咬合らしいのです。

顔マッサージで顎を触るのを嫌がるので、ひょっとしたら……と思っていました。健康診断でも、微妙な感じといわれておりましたから。

でも、良く牧草を食べているせいか、明らかに削らなければ行けないという感じではないようです。

最近は、顎に触るのを嫌がらなくなったので、次回健康診断でちょこっと奥歯の方をしっかり診て貰おうかなと思っています。

うまく削れているようだったらいいのですけどね。

 

 

 

ペットリンクス

 

 

 

Jun 14, 2007
不愉快って訳ではないけれど。。

足太い?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ん〜そんなに私の足は太いのかしら?

 

可愛いと思うけど……。

 

 

 

 

 

ちょこっと思うことがありました。

ですが余り楽しい話と言うより、読む人が憂鬱になるような気がします。

なので、その話は<続きを読む>にて。。。

 

 

 

ペットリンクス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  [続きを読む]
Jun 13, 2007
ほのぼのしている?

ほのぼの?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨夜、やっとこの二匹のツーショット写真が撮れたのですが……。

どうも、ほのぼのしているようには見えない。

どことなく、ぎこちなく見えてしまうのですよねえ。

 

固いよお二人さん。

もう一枚なんて特にそう思った。

 

ほのぼのではない?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

腰引けています。くれはさん。。

一見仲が良さそうなカップルに見えるかな?

ちと無理かな?

 

 

飼い主の目で見ると、どうもこの二匹は、恋愛感情持たないようで。。

余り親しくないお隣さん風。

まあ、こういうものは相性というか。。茶々丸がどれだけ耐えるかと言うところがキーなのかもしれませんね>爆

皆の要のぼへら〜さん。

 

至る所に笑いとなごみを供給してください。

ん〜最弱記録は今のところストップ状態。

理由は大したことが無く、初めてのうさぎさんに会わないだけ。

初めて会うウサギの半数以上にカクラレているからなあ。

もしくは存在自体を無視されるか。

人間にはしっかり構って貰えるから、痛し痒しだね。

 

 

ペットリンクス

 

 

 

Jun 12, 2007
比べっこ

正面

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなにちじこまっても、私の方が小さいのよ。

 

でも、ボクの方が足は細いよ。

 

怒!

 

茶々丸……あんたって、損なうさぎだね。

 

 

 

 

 

二匹のらしいツーショットが撮れましたので、せっかくだから比べっこ。

こうしてみると、♂♀の体型の違いがわかりますね。

♀の方がやはり骨盤が大きく、足が太いのかな?

前足はくれはの方が、後ろ足は茶々丸の方が大きいのかな?

マフマフのお陰で、くれはは、ぽっちゃり体型に見えますね。

体重的には、茶々丸の方が多いのにね。

 

 

 

 

で、次は横から。

 

横から

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

横からだと余り変わりがないように思えますね。

でも、やはり、おしりのカーブがちょっと違うような。

血統が明らかに違い(双方の血統書を見ると)ますから、♂♀と言うより、これは一つの個性(遺伝子)の問題かな?

ちなみに、茶々丸より、くれはの方がちょこっとだけ歯が黄色い。

でも、それは年齢にもよるのかもしれませんね。

こういう体勢の時のウサギたちを見ると、ついつい目がいってしまうのは、実はしっぽ。。

 

くれはの方が、茶々丸よりちょこっとだけ丸みを帯びています。

換毛でイメージが随分変わりますから、双方とも換毛が落ち着いた頃見計らって、またこんな比べっこをやってみようかなあと思います。

 

 

……しかし、そろそろ仲良くなっても良い筈なんだけどなあ。。。

姉御が妥協しないものなあ。茶々丸も食い意地はっているし。

 

 

ペットリンクス

 

Jun 11, 2007
どこまで続く換毛期?

換毛期のくぅ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

換毛期……うちは換毛期といっても、あからさまにハゲになった兎は今のところ、茶々丸の足の裏ぐらい。あ、くれはもだわ。

夏毛と冬毛で色がはっきりと違うのがくぅ兄。

だから、今、彼の身体はツートン状態である。

茶々丸もくれはも烏龍も、余り変わらない色だから、触って毛がはらはら抜けるのを見て、ああ換毛期だなあと感じる。

しかし、くぅ兄だけは違う。

日に日にまだら具合が変わってくるのだ。

それを早く済ませれるよう、ブラッシングをしようと思うのだが……。

こいつ、私にだけはガンとして抵抗する。

 

仰向けにした状態での足の角度からしてあからさまに違うことを、この間のぺんちママさんの訪問で発見。

ぺんちママさんが抱っこをすると、足の力のいれ具合が違うし、何よりもキックの角度が違うのだ。

ぺんちママさんが避けやすいように微妙に角度をずらしている。

 

これって違う意味で私は特別な存在なのね。しくしく。

 

おねーちゃんに対しては、もう、無防備も良いところだし。

要はうさぎって、子供を警戒する反面、自分に危害を加えなさそうな子供にはべたべたに甘えるのよね。

つまり、こども=抱っこをしない(出来ない)という点で。

でも、部屋に舞い散る毛には、ちょっと辟易しているから、早いとこ終わって欲しいな換毛期。と思っている。

どれだけ掃除をしても、何故か漂っているものなあ。。

 

 

ペットリンクス

 

 

 

 

Jun 10, 2007
シーシー被害拡大中。あはは

眠いのよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か文句があるの?!

 

 

 

あ〜本日の話は題名通りの下ネタです。

お食事中のかたは御遠慮を。

 

 

くれはと烏龍は、毎日部屋う散歩をさせております。

一応、トイレなんぞも置いてはおりますが、どうも縄張り主張のため、くぅ兄と茶々丸のサークルの前で、シーシーをすることが多いです。

まあ、これは習性上致し方がないこと。

私は黙って、洗濯に励んでおりますが、やはり限界があって、サークルに面している端っこがどうもしみだらけになっている。

そろそろ買い換え時なんだろうなあ。。とは思っておりますけど。

 

シッコの被害が我慢できない〜!!という人もいるようですけど、私は、おねーちゃんの赤ん坊時代に鍛えられましたから、こう言うのは平気。

ミルクを吐いてしまったり、よだれや食べ物をこぼしたり、ジュースをひっくり返したり、ロタウィルスや胃腸風邪の時なんて、凄まじいものがありましたから。

そのたびに、エリアラグは見るも無惨な状態になりました。

だから、うちは、安い洗濯できるものを3枚ほど買い、汚れたら洗濯して。を繰り返しました。ほぼ毎日洗っていたから、大抵はワンシーズンで買い換えになる程でしたね。

クリーニングに出すにしても、経済的にちょっとね〜と思いましたから。

だからシーズンオフぎりぎりの、特価品を買って、古いのは破棄。次のシーズンに備える。経済的なのかどうなのかは、各自のご判断でどうぞ>爆

まあ、あのころに比べれば、今のシーシー被害なんて、まだまだ余裕です。

笑っていられますね。

だって、おねーちゃんの胃腸風邪の時なんて、エリアラグ一面にどっぴゃ〜とやられましたから。

 

 

まあ、そんな状態でしたから、アレルギー発覚時もほぼ習慣化していたから、医者の指示もありましたけど、あまり気にせずにやっていましたけどね。

とある方が、ダニアレルギーになり、カーペットなどの対処方法を話していたときにこれを教えたところ、エリアラグを洗うのが面倒だと言われました。

そうですかね?

衣服を洗うのと同じ感覚でいた私は、何も言えませんでした。

実際洗うのは洗濯機なのにね。人様の感覚は様々です。

 

 

ペットリンクス

 

 

Jun 09, 2007
ちょこっと気分転換

ん〜〜と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何か変だよなあ。もっと可愛い写真使ってよね。

 

 

 

 

気分転換に、本日4匹個々の写真撮影。

ブログトップの写真も替えてみました。ン〜もう少し良い写真使いたかったな。

ペイントでちまちま作るのは限界です。

それなりのソフトをインストールすればいいのでしょうが……。

以前、とあるソフトを入れたら、PCの具合が悪くなったので……。

ま、その前に、写真技術の向上ですね。

努力しようっと。

 

茶々丸のお腹の調子も上々。ついでに、コロコロが大きくなりました。

それと……どういう訳だか、シーシーの量が増大しています。

暑いから水をよく飲むのもあるのでしょうが……。

再診察に行くついでに、ちょっとその辺の話をしようかと思います。

 

 

 

ペットリンクス

 

 

Jun 08, 2007
雷雨

換毛まっただ中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺は雷なんて気にしないぜ。

 

だから早くご飯を寄こせ。

 

 

 

 

とあることのために、出かけたら、途中から物凄い雷雨。

なので、目的を果たさずに帰宅を決意。

土砂降りの中を無理矢理家に帰りました。お陰で下着までずぶ濡れに。

おねーちゃんはカッパを着ていたため、足が濡れた程度だったのですけど。

こんな事は久しぶりです。

 

さてさて、激しい音と雷光のなかでも、ウチのウサギたちは何にも変化無し。

逞しいのか、鈍いのか。

はなはだ判断に迷います。

 

随分と昔に、ぼへら〜さんだけが、雷に負けじと足ダンを繰り返したことがありますが、あれ以来、雷が鳴っても一度もしません。

おそらく、問題のない現象だと思ったのでしょう。

 

足ダンで思いだした。。換毛期のせいか、はたまた真菌のせいか、茶々丸の足の裏が異常に毛がないことを発見。足の半分、毛がない。。

普段、毛で隠れていたのですが、おしり洗いの時に気付きました。

ン〜これも不注意ですね。

気をつけなければ。

 

 

 

更なる蛇足。

そろそろトップの写真にくれはを入れなければなあ。

あと、プロフィの写真も替えようかなあ。。

 

ま、気長にお待ち下さい(誰も待っていないか)

 

 

ペットリンクス

Jun 07, 2007
落ち着きました。

ちゃんと食べているよ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大丈夫、ちゃんと食べているよ。

 

 

 

 

お騒がせいたしました。茶々丸は何とか状態が落ち着いております。

上のように、もしゃもしゃと今でも牧草を食べています。

 

夕べ病院から戻り、大急ぎで色んな事をした後、朝の4時半まで、一時間おきに様子を見ておりました。

その合間に、ちょこちょことブログなんぞを書きつつ。。

ちょっと下痢気味のコロコロをしたのは、1回ほど。あとは、小さいなりにも丸いコロコロをしております。

くぅ兄の様子も見ておりましたが、こちらはバリバリに元気です>汗

写真に写る●は全て、くぅ兄の生産です。(茶々丸はちゃんとトイレでする子)

 

まずはやれやれです。

このまま回復してくれると嬉しいのですが、油断は大敵ですね。

でも、流石に2時間睡眠はきつい。。今日は早めに休むつもりです。

 

 

 

ペットリンクス

Jun 06, 2007
体調不良in茶々丸

よれよれ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よれよれの姿ですが、何とか牧草食べています。

 

 

 

さて……よれよれと帰宅したのが、18:30頃。

で、ふとサークルの中を見ると……。点々と下痢ピーの固まりが!!

もう、頭の中はサイレン状態。緊急事態です。

よく見ると、水たまり状態。乾燥しているところがないため、やったのはごくごく最近と言うこと。おそらく帰宅する寸前でしょう。

それから私がやったのは、どっちなのだ?ということ。

まず、団子状態の茶々丸を掴まえ、ひっくり返すと……。

 

 

ぎゃあ〜〜〜〜〜!!!

 

 

お腹の真ん中からしっぽまで、一面の下痢ピーまみれ。。

ただし、茶々丸の場合、知らず知らずにその上で寝そべった可能性もあるので、念のためにくぅ兄も何とか掴み、ひっくり返す。

 

 

 

……ほっ

 

 

まあ、綺麗なものだった。足の裏が汚れているのは仕方がない。

で、茶々丸だと言うことで、とりあえず、診察券チェック。

本日水曜。。いつもの病院は休み。

なので、サブの方へと直行を決意。

サークルにあった下痢ピーを、まずはカメラに撮影し、ティッシュで取り、ビニール袋に入れて持参する。(自分でちゃんと説明するより、現物の方が良かろうと思った)

その間、食欲の確認のためにペレットを少し出して与えてみる。

しっかりと食べている。食欲があるのにホッとしつつ、それでも、準備の手は止まらない。

こう言うとき、じっと黙って様子を見て、お腹が空いたと言わないおねーちゃん。偉いぞ。(一人でお留守番が出来ない年だし、自転車での移動なので、キャリーを持って貰わなければならない)しかし、流石に気の毒なので、パンを食べつつ、待って貰う。

準備完了で、家を飛び出す。この間約15分

とりあえず、病院に駆け込む。到着したのが、19:10

茶々丸の状態を話して、持参した便も渡す。

診察時間内(一般診療20:00まで)にもかかわらず、患畜はゼロ。

なので、控え室で休憩していた先生がすぐさま診てくれた。

小動物専門の副院長は休みだったが、本日出勤の先生3名が集合。

状態と経過を話し、心当たりは無いと伝える。

で、茶々丸の診察。

 

キャリーから取り出したときに、仰向けにして、茶々丸のおしり周りを見て貰う。先生の目が厳しい。

体重……1.75圈帖庁亜ィ鵜垳

これはまあ、覚悟をしていた。

持参した便の検査と、万が一のために、茶々丸のおしりから直接採取した便と両方の検査。

顕微鏡を覗いた先生が、小さく叫んでいる。

で、ごそごそと先生2人が話している。

もう一人の先生は茶々丸のお腹の聴診器を当て、触診。

そこで、はっと気付いた。

「済みません、先生。とにかくここに連れてくることで頭一杯で、拭いたり洗ったりしませんでした。汚いままで連れてきて、診察台など汚して済みません」

と、頭を下げる。

先生は笑顔で、「気にしないでください」とひと言。

だってね〜触れるわけだから、気持ち悪いでしょうに。。

 

さて、片隅でごそごそしていた先生が、お腹の調子を見ていた先生を呼び、3人でごそごそ。

戻ってきて言われたのが、

 

真菌の異常増殖による水様性下痢

 

だそうです。

とにかく近来まれに見るほどの異常増殖だそうで、原因は如何に?と、先生達の間で討論になったほど。

しかし余り心当たりがないので、色んな要因が重なった結果だろうということで落ち着いた。

 

心当たりの要因

1:最近の気温の変化。(高温と低温の差が激しく波がある)

2:換毛期の終盤だった(体力の低下)

3:ラビットヘアボールリリーフの投与(2日に1度)で、お腹がゆるみがちだった。

 

これで、私が気にしたのが、茶々丸はくぅ兄と生活を共にしているうさぎ。

あと、烏龍とくれはも同じ部屋の中での生活。

そして、おねーちゃん。

そう、感染のおそれです。(私自身は多少のことならば対処が出来る)

獣医の話の寄ると、空気感染のおそれはないと言うこと。

だけど、菌の増殖している尿や糞を口にした場合、感染のおそれがあるということ。

……くぅ兄が一番やばいな。

事情を話し、再確認したところ、やはり、くぅ兄が危険度が高いと言うこと。

なので、くぅ兄のコロコロ検査を薦められた。

そして、一応、二匹分の薬を貰いました。

 

ん〜ここまでひどい下痢は初めてです。

一応、自宅に戻った後、ささっと、おねーちゃんのごはんを造って食べさせながら、自分はサークル内の徹底的消毒(病院で確認した薬品(アルコール)による消毒)と、茶々丸のおしり洗い。投薬。

何もかも終わって、一息ついて振り返ると、服のまま寝ているおねーちゃん>汗

もう少し余裕のある行動を取らねばなあと反省。

 

 

しかし、まあ良かった〜365日24時間、必ずカルテを持っている病院どこかに行けるようにしておいて。

ちなみにサブは、24時間態勢ですが、診察時間外は、必ず小動物専門医に当たるわけではないので、通常診察時間内の方が良いのです。(常駐なのでね)

やはり、夜間対策にもう一件どこかをキープしようかなあ。

 

 

ペットリンクス

 

 

 

続きを読むは、病院会計と、今回の騒動になった下痢の写真。

参考にあげてみます。お食事中の人は止めた方が良いと思いますよ。

 

  [続きを読む]
Jun 05, 2007
ももんが状態

定番?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知る人ぞ知る、モモンガ論。

要は前足の上の部分の皮が弛んできてしまい、広げると、ももんが〜となるわけでして。

最近くぅ兄は、この、ももんが予備軍状態。

急激な痩せ方で皮が縮まなかったようです。

何せ、ピーク時は3.0圓魃曚溝僚鼎任靴燭ら。

人間で言うと、1年ちょっとで、体重20塒遒箸靴燭茲Δ覆發痢

激痩せですね。まあ、裏を返せば、それだけ太っていたと言うことでしょうか。

う〜ん。うらやましい。

 

ただし、これは実に体調を不安定にさせるようなもの。

本来やってはいけないのです。

とは言っても、特別何をしたというわけではありませんが、ペレットの量を2/3に減らし、牧草を大量に与え、おやつを無しにして、サークルにしたからなのでしょう。

牧草についても色んな所を試し、一番よく食べたものを与えたから。

おやつとか、ペレットとか、他に食べるものがなければ、仕方ないという感じで最初は食べておりましたねえ。

空腹には勝てず。っていうかんじで。

 

ウチのウサギたちは、夜によく食べるので、今はペレットをあげるのは朝だけですね。変わりに、夜寝る前に朝入れる量よりも多く、牧草どっさり入れて、ペレットを少しにして、一晩そのまま放置。夜の間にぼりぼりと食べてくれました。

 

まあ、ウチなんかは割と食の切り替えがうまく行きました。

その点は余り頑固ではなかったんですね。苦労されている方が多いなかで、これは中々にラッキーだったのかなあと思っています。

 

 

 

ペットリンクス

 

Jun 04, 2007
はい。ポーズ

前足揃えて

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

久方に見た、前足揃えてポーズ。

ウチのウサギたちでは茶々丸しかしませんね。これ。

あることでふと思った、ウチのウサギたちの自慢のポーズ?

ぼへら〜さんの盆踊りしか思いつきませんでしたわ。

よそ様では余りに掛けないうちの子だけの……なんてねえ。

そこまで特別な存在ではないと思う。

最早私の頭では、いること自体が当たり前で、何をしても、そういうものなのだろうで終わっているからなあ。

それではいけないのだろうと思うけどね。

 

 

 

済みません、非常に疲れているので、頭がちゃんと回りません。

久しぶりに職場で何度も意識を失いました。多分、端から見ると、居眠りをしていると思われているだろうなあ。

暫くはこんな状態になると思います。

 

 

ペットリンクス

 

Jun 03, 2007
すっきり烏龍

すっきり顔

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一時期は妊婦のようなお腹でびっくりした烏龍も、出すものを出し切ったのか、顔もすっきりお腹もすっきり状態です。

これは昨日撮影したものですが、これだけ見るとイマイチ解らない。

で……

 

すっきり〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このような感じですね。

すっきりすっきりです。

まあひとまずはやれやれです。

烏龍は、あればあるだけ食べるタイプのようで、初う散歩の時も、歩くより先に目の前のタンポポをもぐもぐと……>汗

違う意味で注意が必要なうさぎです。

 

あ〜っと、念のため一言言っておきますが、確かに烏龍は開帳肢です。

しかし動きに問題が少ないため、獣医と相談の上、このようにトイレとか、アルミ板を入れておいています。

決して、開帳肢のうさぎ全てが使えるネタではありませんよ。

 

さてさて〜本日、ぺんちママさんが来宅。双方色々と多忙で、このところ予定を合わすのにも、かなり難しくなってしまいました。

本日も、無理を言って予定を入れていただいたので、実際にあって話をしたのは短い間でしたが、やはりこゆいネタは炸裂しました。

特にくぅ兄のさりげない思いやりに、ぺんちママさんはかなりウケておられた様子。

そして、モモンガ論は笑いましたよ〜。

毎度の我が儘聞いてくださり、ありがとうございました。

ブログ上で申し訳ありませんが、厚くお礼を言わさせていただきます。

 

 

ペットリンクス

Jun 02, 2007
ちょっとした悩み

耳V

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さあ、出すのか、撫でてくれるのか、

 

ご飯をくれるのか、はっきりしなさいよ。

 

でないと、耳がVになってしまうでしょ?

 

 

 

 

くれはは、段々と女王様というより、姉御の雰囲気が出て参りました。

まあ、可憐なお姫様だとは思っておりませんでしたけど。

さて〜今のところうさぎ関係でのちょっとした悩みというのは……。

牧草10圓涼屬場をどこにするのか。ですね。

それと、今のところ、くれはのケージを烏龍の上に置いているが、それを移動させようかなあと。

また家具配置を考えなければね〜。

家が狭いというのも考え物です。

 

本日ちょこっと、サークルなども見てきましたけどね。

ン〜先立つものがない。

地道に仕事をがんばろう。。

 

 

ペットリンクス

 

Jun 01, 2007
上下逆転?

押さえ込み?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ま〜さかり担いで、茶々丸は〜♪

 

くぅ兄に乗ってお馬の稽古♪

 

 

 

 

……と、一瞬思ったのですがねえ。

いや〜なんでしょうねえ。この前足。思いっきり、くぅ兄を押さえ込んでいます。

 

とうとう、茶々丸が、脱最弱うさぎをめざしたのか?

 

と思ったのですが、この後の光景を見て、がっくりと肩を落としてしまいました。

で、何をしているかと言うと……。

 

 

 

 

趣味ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです、最近茶々丸のマイブームの、くぅ兄の耳掃除。

いつもこうやって、耳掃除をするのですが〜。

今夜はしっかりと前足で押さえ込んでいる。

理由は不明。何でしょうかねえ。本当に。

 

それに、そもそも、他のうさぎの耳掃除を喜んでするなんて……。

悲しいというか何というか……。

他の方のブログでも、おでこ(頭)や身体を舐め舐めしているというのは、よく見かけるのですがねえ。

耳というのはねえ……。

 

 

ねえ、茶々丸。くぅ兄の耳って、そんなに美味しいの?

 

 

 

ペットリンクス

 

June, 2010
-
-
01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
-
-
-
PROFILE
茶々丸

2004年7月28日生。ホーランドロップ ♂ 現在1.8キロ。某ペットショップで、0円の値札をぶら下げていた時に、一家と出会う。同居人の趣味であるウサギの服の専従モデル。現在、ぼへら〜教の教祖として、日々布教に励んでいる最弱ウサギ。

くぅ

2002年9月生(推定)ミニウサギ♂ 唯我独尊、我が道を行くタイプ。同居人以外の♀(全ての動物)に優しい。2010年5月31日永眠

烏龍(うーろん)

2006年8月生(推定)ネザーランド ♂ 現在1.05キロ。茶々丸と同じショップ(別支店)で0円の値札をぶら下げていた。めざせ、美脚ウサ?カクカクに勤しむ青少年

くれは

2002年9月15日生 ホーランドロップ ♀ ブリーディング用だったが引退し、それを引き取った。引退前からニックネームを付けていたほどのおねーちゃんのお気に入り。2009年8月14日永眠

CATEGORY
ARCHIVES
RECENT
RECENT COMMENTS
LINK
PR